奈良 若草山焼き

ツアー申込で出かけてきました
奈良の風物詩、この後、二月堂のお水取り行事があって
それが明けると、大和路に春が来ます。
この日は案外暖かくて奈良公園の散策も快適でした。

初めに打ち上げ花火があって

d0022562_17395307.jpg
d0022562_17395550.jpg
d0022562_17395861.jpg
d0022562_17400051.jpg
d0022562_17400361.jpg
d0022562_17400583.jpg
d0022562_17400793.jpg

山焼きの起源(パンフレットより)
若草山三重目の頂上には前方後円の巨大な鶯塚古墳があります。
その昔、ここから出る幽霊が人々をこわがらせるという迷信が長く続いていたらしく、しかもこの山を翌年1月頃までに焼かなければなにか望ましくないことがおこるといったことで、通行する人が放火し東大寺境内に火が迫る事件が再三起こりました。
1738年12月に、奈良奉行所は若草山に放火停止の立札を立てましたが、その後も誰ともわからないまま放火は続きました。
近隣社寺への延焼の危険が絶えず、江戸時代末期頃には若草山に隣接する東大寺・興福寺と奈良奉行所が立ち会って山を焼くようになりました。
このように山焼きの起こりは、山上古墳の鶯塚に葬る霊魂を鎮めるための祭礼というべきものであり、供養の為でもあったと言えます。



# by kimamaoji | 2019-01-29 18:00 | 季節の行事 | Trackback | Comments(0)

泗水泳法「観海流」寒中水泳

成人の日に行われるのが恒例になった。毎年沢山の見物客、報道、応援、カメラが沢山浜辺に集まります。
この日は水温が8.8℃と聞きました、気温はこれよりも低かったのですが、海に入るとチクチクと体を刺す痛みがあるそうです(若くても私は参加できなかったでしょう、根性ありません)。
今年は新聞記者の女性と、9歳の可愛い女の子と、紅2点、すごいなぁ!!
立ち泳ぎ、平泳ぎ、伝統の型の披露があったり、立ち泳ぎのままで文字を書く「水書」を観ました。
会員さんを初めに、高校の水泳部など総勢40人、みなさん元気いっぱい!師範ほか高齢の方も堂々たる姿でした。
元気をいっぱい貰ってきました。

d0022562_17525075.jpg
d0022562_17525312.jpg
d0022562_17525500.jpg
d0022562_17525797.jpg
d0022562_17530099.jpg
d0022562_17530215.jpg
d0022562_17530470.jpg
d0022562_17530724.jpg


# by kimamaoji | 2019-01-24 18:07 | 季節の行事 | Trackback | Comments(0)

出初式

今年の出初式撮影は、隣の市まで出かけました。
私たちの市では、一斉放水で色水を使いません、たったそれだけの理由なんです !(^^)!
でも女性だけの分団やゆるきゃら「ちゃちゃも」も手伝っていました
職員や団員さんの、ご家族がおいでですから、子供さんに大いに受けていました。
d0022562_09000945.jpg
d0022562_09001664.jpg
d0022562_09001298.jpg
d0022562_09001989.jpg

# by kimamaoji | 2019-01-14 09:07 | 季節の行事 | Trackback | Comments(0)